太らないお酒って?ダイエット中のアルコール選び

ビール

ダイエット中でもお酒が好きな人はどうしても飲みたいものですね。
しかし、アルコールも種類によって太りやすいものと太りにくいものがあります。

気をつけていないと、せっかく筋トレダイエットでカロリーを消費しているのに
思うように体脂肪が減らず、なかなか痩せていかないという可能性が出てきますので、
できるだけ太らないお酒を選ぶように心がけるのがベターです。

お酒に含まれる太る要素というのは主にカロリーと糖質が考えられます。

どんなアルコールでも少なからずカロリーがありますので、
そもそも飲みすぎは注意したいところなのですが、
特にそのお酒の種類によって違ってくるのが「糖質」で、
ココが太るか太らないかを分ける大きなポイントとなってきます。

つまり、できるだけ糖質の少ないお酒を選ぶことが
太らないようにするお酒選びのコツということになります。

 

例えば、運動のあとには必ず一杯飲みたいビール。

これはかなり糖質が含まれていて太りやすいお酒と言えます。

夏場なんかはビアガーデンでガブガブ飲むことは多いと思いますが、
これはダイエットの観点からするとかなり危険です。

最近では糖質オフのビールなどがかなり販売されていますので、
できるだけそういったものを選ぶようにした方が良いですね。

あとは日本酒や甘めのカクテルなどもカロリーが高く
糖質も多めなので飲みすぎには絶対注意したいお酒です。

 

逆に焼酎(甲類)やウイスキーなどの蒸留酒なんかは
糖質が少なく比較的太りにくいお酒と言えます。

ただ、焼酎などの場合、ジュースなど他の飲み物で割るときは
今度はそちらのカロリーや糖質が問題になってきますので、
結果的にカロリーが増えるという本末転倒な事態にならないように徹底すべきでしょう。

ワインはどちらかというとカロリーも糖質も少なめですが、
量を飲んでしまうとすぐにオーバーしてしまうので
飲みすぎには注意した方が良いでしょうね。

 

ダイエットつまみ

それからお酒を飲むときに注意しなければいけないのが、おつまみです。

むしろアルコールよりもつまみの方が圧倒的に太りやすいので、
お酒と一緒に何を食べるかはダイエット中なら慎重になった方が良いと思います。

特に太りやすく危険なのは、フライドポテトやから揚げなど。
高カロリーかつ脂質や糖質もたっぷり含まれていますから、
高速で太るおつまみの代表例でしょう。

 

太らないおつまみを選ぶなら基本は高たんぱく低脂質、低糖質のもの。

枝豆とか刺身とかが良いと思います。

ちなみに私の個人的な意見としては
お酒だけを飲んでいる分にはそれほど太るという実感はなく、
圧倒的におつまみが原因となっているように感じます。

ですから、お酒と一緒に飲む食べ物に関しては
特に注意を払った方が良いでしょう。

 

ということで、筋トレダイエットのあとに上手い酒を飲むのは至福の瞬間ですが、
ここでも気を抜かず出来るだけ太らないお酒やおつまみを選んできましょう。

それが結果的に理想の体型を早く実現させることに繋がります。

日本人専用トレーニング誘導バナー

筋トレダイエットメールマガジン配信中!


筋トレダイエットメールマガジン


お名前(性)
メールアドレス


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ