筋肉をつけながら痩せる高たんぱく食事ダイエット!!

筋肉には高たんぱくな食事が大事

ダイエットを成功させるためには
筋トレなどの運動はもちろん大切ですが、
それと同時に栄養摂取管理、

つまり、食事をいかにコントロールするかが大きな鍵となります。

世間一般ではこの食事コントロールのみに焦点を当てた
ダイエット法が数多く出回ってますので、

断食ダイエットなどをはじめとした
食べ物の量を減らせば痩せる方法が効果的なことは
すでに当たり前だと思われている方は多いかもしれません。

 

しかし、当サイトでは筋トレをベースに
痩せていくことを最大のテーマにしています。

これは何故かと言うと、

食事を減らすだけでは
一時的に痩せたとしても代謝機能が低下してしまうので、
リバウンドして元の体型にすぐに戻ってしまう可能性があるからです。

さらに食事を減らすダイエット法だと健康に悪いのは勿論のこと、
仮に痩せてもボディラインを崩してしまうというリスクも潜んでいるんですね。

 

そこで、「筋トレダイエット.asia」では
筋トレで基礎代謝を上げつつ、
また、しっかりと食事を摂りながらも
筋肉をつける食事を心がけることを提案しています。

では痩せながらカッコいい、
あるいは綺麗なボディメイクをするには
どのような食事法が良いのか??

脂質を少なめにタンパク質を多めに

高たんぱく低脂質

その答えは第一に、

高たんぱく低脂肪の食事を徹底することです。

まず、脂質が太りやすいということは
もう言わずとしれたことですよね。

ただ、現代人の食生活というのは
どうしても脂質を多く摂ってしまう傾向があります。

 

だから大して食べてもいないのに太りやすく
痩せにくいという現象が起き、

結果的に痩せるために食べることを我慢して
ストレスをためてしまい、

結局我慢できずに最後はドカ食いに走るという
悪循環に陥ってしまうのですね。

 

そういったことにならないように、
食品の栄養成分表をしっかりとチェックして
脂肪の多いものはなるべく選ばないように習慣づけましょう。

その分、高タンパク低脂肪の食品であれば
多くとっても太らないため、
筋トレを日頃から行っていれば
しっかり食べても痩せるというわけなのです。

それにタンパク質は筋肉を作るもとになる栄養素ですので、
なるべく多く摂った方が良いというのも
こういった理由からなんですね。

 

お米や麺類などの主食を少なめにする

低糖質ダイエット

そして第二に、

糖質を摂り過ぎないように注意すること。

糖質は脳や身体を動かす原動力であり、
筋トレなどの運動時には欠かせない大切なエネルギー源なのですが、

糖質は摂りすぎて余ってしまうと、
体脂肪として蓄積されるという性質を持っています。

 

糖質を多く含む炭水化物食品の代表例といえば、
ご飯やパスタなどの麺類、いも類などの
いわゆる主食といわれるものですね。

だから毎食お米をタップリ食べている人などは
かなり太りやすい体質になっていると考えられます。

 

ですから、最近の肥満の原因は
脂質よりも糖質の摂りすぎによる
影響が大きいと考えられているんですね。

だからこそ糖質制限ダイエットなどが
流行ったという経緯があるのですが、

しかしだからといって、
全く糖質を摂らないというのも危険なのです。

というのも、脳がまともに働かなくなるので、
仕事や勉強の効率は落ちるし、
動脈硬化や脳卒中などの非常に危険な病気へのリスクもあるのです。

 

ですので、

糖質は最低限摂らなければいけないけれど
できるだけ少なめにする

という意識が素早いダイエットに繋がるというわけですね。

最近では低脂肪や低糖質をウリにした食品は
当たり前のように販売されていますので、
そういった食品を積極的に選ぶことも有効なので、
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

高たんぱく低脂質、低糖質の食生活と、
筋トレを継続的に行なうことが
理想的な肉体改造を加速させる大きなポイントなのです。

日本人専用トレーニング誘導バナー

筋トレダイエットメールマガジン配信中!


筋トレダイエットメールマガジン


お名前(性)
メールアドレス


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ