筋トレと有酸素運動を組み合わせればさらに痩せる!!

筋トレ&有酸素運動

一般的に運動をメインとしたダイエットと言えば、
大きくわけると筋トレと有酸素運動があげられますが、

これから痩せたいと思う人は
どちらを中心に取り組んでいこうか迷う事が多いようです。

私のところにも時々、筋トレとランニングなら
どちらが痩せるのかという質問を頂くことがあるんですね。

しかし、筋トレと有酸素運動はどちらも
それぞれメリットやデメリットが存在しており、
一概にどちらが痩せるというのを断言することは
できないというのが正直なところです。

 

それよりもむしろ私は、筋トレと有酸素の両方を組み合わせて
お互いのメリットを掛け合わせながらダイエットを進めた方が、
効率的かつ合理的に痩せられると考えています。

というのも、これら2つのエクササイズはそれぞれ、
痩せるまでのプロセスや得られる結果がまるで変わってくるからです。

例えば、筋トレでは筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げ、
成長ホルモンを分泌させることで痩せることを目指しますが、
脂肪燃焼効果は有酸素運動にはかないません。

しかし、狙った筋肉を鍛えることでボディラインを意図的に作れますから、
理想的な体型を目指すには必須のエクササイズと言えます。

 

それに対して有酸素運動は、直接的な脂肪燃焼効果が期待できますが、
痩せたい場所を選ぶことが出来ないので、

体全体の脂肪は落ちても、気づいたらお腹や太もものたるみは
思ったほど落ちないという結果を招くことも少なくありません。

ですから、私は出来るだけ早く理想的なボディを形成するために

筋トレでバランスよく体全体の筋肉を鍛え、
同時に有酸素運動で脂肪燃焼に追い込みをかけるというやり方が、
最も素早く効率的にダイエットを成功させるものと考えています。

 

また、実際のトレーニングにおいては、

筋トレを先に行い、その後有酸素運動を行うと
最もダイエットの効果が期待できるでしょう。

これは、ランニングなどの有酸素運動は
脂肪燃焼が開始20分後に始まるといわれているためです。

脂肪を燃やす作用のある成長ホルモンが分泌されるのが
おおよそ20分後という説によるものなのですが、
ここで先に筋トレをしておけば既に成長ホルモンが分泌されます。

 

ですから、筋トレを先に行っておけば、
有酸素運動開始からすぐに脂肪が燃える状態にすることが出来るのです。

このようにトレーニングを行う順序も非常に重要なのですね。

 

ちなみに個人的には筋トレを6割、有酸素運動を4割くらいの比率で
トレーニングのバランスを保っていますが、やはりどちらか一方に偏るよりも
両立させてダイエットを行う方が効果の出方も結果も圧倒的に早いと確信しています。

日本人専用トレーニング誘導バナー

筋トレダイエットメールマガジン配信中!


筋トレダイエットメールマガジン


お名前(性)
メールアドレス


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ