筋肉痛がちょっと残ってるくらいが次回筋トレのタイミング

筋肉痛

筋トレでしっかりと筋肉をオールアウトさせると
おそらく次の日には筋肉痛がくるようになります。

これを繰り返すことによって筋肥大が期待できるようになるわけですが、
次回の筋トレをいつやるのかというタイミングを迷うこともあると思います。

 

一般的には筋肉を鍛えてから48時間から72時間くらいは
筋繊維を再生させる期間(超回復)とされているため、
2~3日くらいは空けた方が良いとされています。

ただ、筋肉痛の程度には個人差もあるため、
これだけでは目安としてアバウトすぎて良く分からないという人も多いようです。

 

絶対的にベストなタイミングというのは
科学的に証明されているわけでもありませんし、
実際のところはわからないというのが正直なところですが、
個人的な経験による見解としては、

筋肉痛が少し残っているが動かすのには問題ない程度の状態

が、次回筋トレで最もベストなタイミングなのではないかと考えています。

 

というのも、一度の筋トレでガンガンに追い込むと
中2日~3日くらいでは筋肉痛がとれないどころか、
1週間くらい体が痛くて動かせないということもあるからです。

まあ、ボディビルダーとかそういう超人的な人達は、
もしかすると筋肉痛がひどくてもトレーニングをするのかもしれませんが、

一般人があまり無理をすると免疫力が下がって
抵抗力がなくなるので、風邪をひいたり体を壊すことにもなりかねません。

 

ですから、あまり無理をせずに自分の出来る範囲で
限界近くまで筋肉を追い込むことが大切であるというのが私の持論です。

それに筋肉痛の時に筋トレをしても細胞が修復しきってないので、
無理にトレーニングをしても逆効果となる
はずですから、

プロでもそのようなことは恐らくしないでしょう
(筋トレをすると筋肉分解が起こりますので、一時的に筋量は減ると考えられています)。

 

そういった意味で、あまり日数にはこだわらず、
筋肉痛がやわらいできたところが
次の筋トレのタイミングとしてはちょうど良いというわけです。

これが結果として48時間から72時間くらいの間隔に
最も当てはまる確率が高いのではないかと思います。

 

逆に筋トレ時の負荷が弱すぎて、毎回筋肉痛も全く無く、
長期的にトレーニングをしているのに全く体の変化が見られないのであれば、
2~3日間隔を置くのは、空けすぎとも考えられますから、

その場合は低負荷で毎日筋トレをするか、
筋肥大を狙うならやはりもっと負荷を上げて
筋肉痛がくるようなトレーニングをしなければならないということです。

日本人専用トレーニング誘導バナー

筋トレダイエットメールマガジン配信中!


筋トレダイエットメールマガジン


お名前(性)
メールアドレス


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ