ビーレジェンドWPIの評価は!?これまでのWPCプロテインと何が違う?

ビーレジェンドWPIの評価

激安で美味しいプロテインとして、
当サイトではビーレジェンドプロテインを一押ししていますが、

そんなビーレジェンドに新たにWPIが登場しました。

ビーレジェンドWPIの詳細はコチラ

 

これまでビーレジェンドはWPCという種類のプロテインでした。

それでは今回のWPIと今までのWPCでは一体どう違うのか、
その特徴について説明していきたいと思います。

 

WPCとは(Whey Protein Concentrate)
ホエイプロテインコンセントレートと言って濃縮乳清たんぱく質のことで、

WPIとは(Whey Protein Isolate)
ホエイプロテインアイソレートと言って分離乳清たんぱく質のことを言います。

 

WPIはホエイに天然に含まれるラクトースや
脂肪を除去して加工したもので、通常は約90%のタンパク質が含まれているんですね。

ですからWPIのプロテインを飲む方は牛乳などでお腹を壊してしまう人や
脂質やカロリーを気にするダイエットをしている方にはオススメ。

さらにタンパク質含有量が高いので、
できるだけ脂質やカロリーをカットして細マッチョな体を作りたい人にはピッタリなプロテインなんです。

 

ちなみに一般的なWPIはWPCプロテインよりも味が少し落ち若干価格は高めになります。

WPCは一般的なたんぱく質量は約80%で、
WPIよりも脂肪量などが多いので味が美味しく、
しかも低コストのたんぱく質原として利用されているのです。

価格も安く、味も美味しくバリエーションも多いので飽きずに飲み続けることが特徴となります。

 

今回紹介しているビーレジェンドWPIはその中でも更に高度な分離方法、CFM製法で作られているんです。

ただ、これではちょっと難しい表現ですよね^^

 

ビーレジェンドWPIがどんな製法で作られているかと言いますと、
普通の分離方法だと乳糖や脂質を分離させた時に乳糖が多く残ってしまい脂質も残り、
乳清の中に含まれるカルシウムなども一緒に分解してしまいます。

 

CFM製法で分離を行うと、カルシウムの分離を防げること、
BCAAを多く含むことができること(人間の体内では合成されない必須アミノ酸)、
脂質を1%以下まで少なくすることができ、WPIの欠点とも言われる美味しさもアップするのです。

つまりそれだけ手が込んで作っているので、
ビーレジェンドは普通のWPIプロテインより美味しさや品質を高めることに成功したプロテインだということなのです。

 

今までのビーレジェンドシリーズに比べると若干値段が高めになるのですが、
それでも一般的なWPIプロテインよりも安いですし、

美味しく飲めるうえ、乳糖不耐症の方にもオススメできます。

そして何より、減量中だけど筋肉を落としたくない!
夏に向けて細マッチョになりたい方に適したプロテインだと思います^^

ビーレジェンドWPIの詳細はコチラ

これまでの定番ビーレジェンドWPCはコチラ

日本人専用トレーニング誘導バナー

筋トレダイエットメールマガジン配信中!


筋トレダイエットメールマガジン


お名前(性)
メールアドレス


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ